記事一覧

裁判所で取り扱っている競売不動産とは?

裁判所で行われる競売で取り扱っている不動産はどんなものがあるのか?

基本的にはどのような不動産は全部扱っている。ワンルームマンションも土地も借地権も不動産屋さんで取り扱っているものは全てと思ってもらってもいい。

建築基準法上、建築できないような土地も売られているし、一般的に利用価値がない建物も建てられない調整区域の土地なども売られているし、金融機関に融資を受けられないような土地・建物も売られています。

僕らは書類を見れば分かりますが、一般の素人は、しっかり調査した上で入札しないと後々に顔面蒼白ってことになる事があるかもしれません。

前回もお話しましたが、競売の性質上国家機関である執行裁判所が品質の保証をするものではないので、どんな不動産もガンガンさばいていくというものなんです。

前所有者が住んでいて立ち退いていない場合や不法的に債権者などが占有していることもありますが、その立ち退き交渉も覚悟して購入する必要もあります。

最近では、占有者が出ていってもらえなかった場合は、裁判所に申し出て強制退去の申立も出来るようになったようですが、時間も費用もかかってきます。

引渡命令・訴訟・調停等の法的手段が必要になるって事を心して入札する必要がありますね。

ただ、入札前に閲覧できる物件明細書などで物件の概要も分かりますし、現況も誰かが占有していることも分かりますし、中を見ることは難しいですが、状況が分かるように室内状況の写真も閲覧できますので検討材料にはなるでしようね。

具体的にもっともっと詳しい話もしていきますからご期待くださいね。

昔は僕らも仕入れるために裁判所の競売を利用していましたが、最近では、一般のユーザーが入札することも多く僕ら業者には旨味がなくなってきているので、一般的に流通している不動産を価格交渉して購入することが多いのですが、一般のユーザーであれば競売もまだまだ、魅力のある宝物が探せる可能性があるので、競売の入札方法は勉強していて損はありません。

saiban.jpg

不動産の個人投資家や自分の住む家を探しているという人は一度、勉強のためにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村