記事一覧

競売で家を購入する覚悟は出来たか!!

普通の不動産仲介会社に紹介してもらう流通している不動産と競売不動産と違いのお話をしたいと思います。

普通の流通している不動産の場合、広告などを見て気になる物件は室内などを見て価格交渉をして購入するという流れになるかと思いますが、競売不動産は一般の不動産とは少し違います。

競売不動産においては申立の債権者の内覧以外は建物の中を見て購入検討することが出来ません。また、何らなkの意図を持ってその不動産に占拠している占有者がいる場合は、立ち退き交渉が必要な場合があるので落札できたとしてもスムーズに引き渡しを受けれるというものではありません。

keibai905.jpg


鍵の受け渡しなどは裁判所が立ち会ったり仲介したりしてくれるものではありません。一般の不動産会社の流通物件のように何でもやってもらえるわけじゃないので覚悟が必要です。

もちろん、占有者などがいる場合は、裁判所に申し立てて強制的に退去することも可能ですが、そこでもお金がかかります。だからこそ、全て自分で安く家を購入しようと思うと失敗する可能性があります。

競売で家を購入しようとする場合でも、競売に精通するコンサルティングをしてくれる業者に依頼したほうがいいかもしれませんね。

あと、もう一つ普通の流通物件との違いは、引き渡し後に雨漏りや隠れたる瑕疵を見つけたとしても、瑕疵担保の請求をしたり修理の請求をしても裁判所は一切、受け付けてくれません。

競売で買い受けた不動産に何らかの欠陥があっても売却の取り消しや損害賠償の請求は出来ないケースが多いと覚悟が必要です。仮に出来たとしても訴訟等を起こして時間と費用が必要で困難がつきものと覚悟して購入する必要があります。

裁判所は、占有者がいたり建物や土地に何らかの欠陥があるような場合も考慮して「売却基準価格」を決定しています。そのために、一般の住宅より割安には見えますが、お金をかけずに問題を解決できれば本当に割安に購入できたと思えるかもしれませんが、問題をいろいろと解決してると結果的に一般の物件と変わらない価格になったと感じるかもしれません。

こんなことなら競売ではなく普通に買ったほうが楽だったってことにもなります。

ポイントとして

競売不動産の購入する際のポイントとしては、時間をかけて十分に検討する必要があります。競売での購入後のトラブルは民法・関係法規に基づき、自分で関係当事者と直接、解決する必要があります。

もし、解決できない場合は裁判所に申し立てて裁判で解決する必要があります。一般的な不動産を購入するときより強い自己責任とリスクを負う覚悟が必要があります。

最近、その辺をあまり気にしないで競売の入札をしている人が多いようです。そのため、割安だった競売不動産も魅力がなくなっていました。

一般の流通物件にしても競売不動産であっても、専門家と相談して何千万円もする買い物だからこそ慎重に行動したほうがいいですよね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村