記事一覧

【終の棲家】について話そう

住宅ローンが残っている間は不動産なんて資産じゃないってことを忘れてはいけない。よく、家を購入する時に不動産の営業マンから「この場所であれば資産価値は凄いし、値下がりもしない!」なんてセールストークを聞かされることもあるかもしれませんが、住宅ローンが残っている間は、名義こそあなたになっているかもしれませんが、実際は銀行の物件であることを忘れてはいけない。

人生には色んな事がある。

大好きで結婚した彼女が病気で入院することもあるだろう。保険が効かない高額医療費を支払わなきゃいけないとすれば?結婚して小さいうちはいいが中学校・高校と育つことにより大学進学により大きなお金がかかる事もある。

夢を追いかけて独立・起業をしたものの10年以内で生き残れる会社なんて100社のうち10社あるかないかぐらいの確率なんですよ。高齢者になって仕事をするっていっても若い頃より好きでたくさんの給料をもらえて選べるほどの仕事なんて現実的に考えれば難しいですよね。

okaneganai.jpg


本当は引っ越ししたくないのに、本当は売りたくないのに家を手放さなければいけない状況の人をたくさん見てきました。

家を購入できる人って、人生のうちでベストのタイミングだって思うんですよね。

考えてみてください。住宅ローンの返済額は月々の家賃と変わらないし、35年のローンを払えるぐらい年齢的にも若いし団体生命保険に入るにも心配がない。

お金を貯めて家を購入してもいいでしょうが、時間がもったいないですよね。家は雨風しのげるものであるとともに、家族の生命と財産を守れるもの。そして、家族の成長とともに想い出になる時間を積み重ねる場所であることだと思います。

子供が育ち、自分も愛する妻も年老いたものの元気で家を古くなると同じように自分たちも老いてくる。気がついたら35年が経過していた。これが一番、俺が理想とする支払い方なんですよね。

毎月、支払日にお金のやりくりを考えることじたい、返済計画は失敗しています。無理して買うなら一生、賃貸だっていいと思うし無理して買うことなんて必要ないですよね。

何処に住むか?何処で子供を育てていくか?休みの時はどうして暮らすか?病気になったら?ってことを考えて家を考えるべきだと思うんですよね。

地名でやステータスで場所を選んだり、新型の設備やトレンドのインテリアで舞い上がって購入する人ほど、「金の切れ目は円の切れ目」ってことになるんですよね。

大体がお金がきつくなれば、好きなものも買えなくなるし好きなものも食べられなくなる。好きな場所にもいけなくなる。家を手放さなくなったりすると、夫婦の間に亀裂も入ります。

中古だって新築だっていい。

都会でも田舎でもいい。そこで家族が一生笑って人生を過ごすことができる家が本当に素敵な家なんじゃないかなぁ?

そこには、一切、値上がりしたときのキャピタルゲイン等のやらしい考えが入り込む余地もないはずなんですよね。
あなたにとっての終の棲家になる家を見つけてください。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村