記事一覧

自殺があった告知事項の物件は本当に心霊現象は起こるのか?

告知事項とか心理的瑕疵って聞いたことあるでしょ?物件を売却する際に買主に伝えておくべき重要な事項ことで有名な話としては、その部屋で自殺したケース・殺人事件がおこったケースとかが有名ですよね。

最近では業者の方も過敏になり、自然死で後に発見されたケースでも騒ぎ立てて告知事項として説明するようですね。

kokuti.jpg


おちおち病気になって「俺は家で最後を迎えたい!病院で死ぬのは嫌だ!」なんてことを言おうものなら、家族から「お父さん、お願い!病院で死んで!、そうでもしてもらわないと家を売る時、告知事項になる!」なんて事になるかもしれませんよね。(笑)

世知辛い世の中になりましたよね。

このまま、消費者保護か何かわかりませんが放置すると、どこまでも告知事項になる感じまでしてきます。挙句の果ては備考欄がいっぱいになるかもしれませんね。例えば、「第二次世界大戦で東京大空襲が起こり、多数の死者がこの場所に数日間放置された可能性があります。」なんてね(笑)

まぁ、確かに自殺したり自然死でも1か月・2か月放置されて死体も腐乱して匂いもきつくなっていたような状況であれば必要かもしれませんね。

15年ぐらい前の話なんですが、お客さんに一戸建てを紹介した際に「ここの所有者が自殺されたんです。」って紹介したんですが、その若い奥さんが「場所は欲しい場所ですが・・・・だから周辺相場より少し安いんですか?いくら安くても自殺した物件は買えません。」って言っていたんですが、それから金額がどんどん値下がりしてきたところで、見てみたいというお客さんが増えて、最後はいくら安くても自殺した物件は買いませんって言っていたのに「この価格だったら欲しい!」って申込みをいただいたことがあります。

やっぱりお金には敵わないんですかね。

地獄の沙汰も金次第?ですかね。(笑)

また、一般の人の中でも全くといっていいほど告知事項や心理的瑕疵の物件を気にしない人もいます。

宗教家の方は「ここで亡くなったのであれば俺が供養してやる。それでこの価格ならありがたい!」という人や普通の人でもお化けとか幽霊などまったく信じないので、本当にこの価格で買えるのならお得だと買いたいと言う人もたくさんいます。

引っ越してしばらくしてお会いした時に「やっぱり、出ますか?(笑)」って聞いた時「ときどき、丑三つ時に・・・(笑)」って笑ってました。

俺って鈍感なのかなぁ??全く感じないし気にならない!快適に暮らせてる。らしいです。

人間の死亡率って100%です。気持ち悪い・怖いって言っているあなたも死ぬし年老いてくるんです。もしかしたらあなたにも今後に辛いことが起こって精神を病むかもしれません。
長いことこの仕事をしていると、事故物件や自殺などで告知事項が必要な物件と必ずぶつかります。

消費者保護で借りる人や購入する人の心配をしている裏に近親者をなくしてなおかつ、その愛した人が生活していた場所を気持ち悪がられて面白おかしくサイトなどで書かれ2次被害などで苦しんでいる遺族がいることも忘れないでほしいと思うんです。

全てはバランスですよね。

確かに自分が知らない人がそこでどんな亡くなり方をしたのかわからない物件が気持ち悪いのもわかります。

ですが、どこまでを告知するのか?業界団体も法律を司る人達もハッキリと線引しない限り沢山の人達が悲しむことになると思います。

話は飛びますが、最近、会社でも上司が部下に叱る時も直ぐにパワハラとかセクハラとかちょっとしたことでも騒がれるから下手なことは言えない。って声が聞こえます。

仕事が終わったあともお酒さそうと無理に誘われたと言われるし業務時間外だから・・・って言われると嘆いています。これじゃ、どのように人を育てればいいのか?コミュニケーションを取ればいいのか?わからないと嘆いていました。

見ていて可愛そうになります。

僕はと言うと正社員じゃないし、教えることもしないし聞いてこないのでわざわざ教えません。聞いてくれば教えますが面倒なので教えません。

きっと、一昔より会社は居心地がよくなったことと思いますが企業としては人が育たないので頭が痛い問題でしょうね。

全てはバランスなんでしょうけどね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村