記事一覧

競売物件も任意売却物件で今でも安く買えると勘違いしている一般のユーザー達!

競売物件って安く購入できると思っている人が今でもいるようですよね。確かに以前は相場より安く購入できたんです。

最近では事情が違います。というか相当違います。最近の競売物件は、一般の人が購入できやすいように法律が変わったために競売が安く購入できるのって夢、幻となりました。

競売


一昔前の競売は、銀行融資もしてもらえなし自己資金で購入することしか出来ませんでしたし、不法占拠しているチンピラや訳わからない不法占拠者の立ち退き交渉をするしかなかったので一般の人には手が出ませんでした。

そこで競売専門の不動産会社が落札して不法占拠者と立ち退き交渉し残った荷物を処理しリフォームして販売しても相場より少し安く売れていたんです。

それが、最近では裁判所で不法占拠者に対して強制執行ができるために気兼ねなく落札することができるようになったんですよね。強制執行は少々、高く付きますがそれでも競売物件は安く購入できるという神話が残っているんでしょう。

僕ら業者からすれば一般の人が介入してきたことで安く購入できないし、その割には現状有姿で購入しなければならず、土地建物は境界の明示もしてくれないし荷物は撤去もしてくれない。瑕疵担保も見てくれないのであれば高く落札するよりは、普通にマーケットで価格交渉して購入したほうがよっぽど安く購入できます。

だから、競売物件は安く購入できるって神話は伝説となったんですよね。

それに伴い任意売却も以前より安く購入できなくなりました。それはなぜだと思います?

以前の任意売却は競売になっても安くでしか債務が回収できないから少しでも高く売れればと競売になる前に普通の不動産市場で売っていたんですが、最近では、「これぐらいの価格で抵当権の抹消は出来ますか?」って聞いても「それなら競売にしたほうがよっぽど高く売れる!」ってそのまま競売にするから任意売却も魅力のない物件となってしまったんですよね。

競売で安くで購入した!って勘違いしている人が今後も増えていけば行くほど不良債権は減っていくのかもしれませんが、正直、可愛そうな話ですが、結果的に高いものを購入しているのに気がついていないのかもしれません。

価格を出してほしいという査定も任意売却物件といっても以前ほど飛びつくような感じでもなく普通の不動産と同じように価格を出していますが、任意売却の場合売買価格が抵当権より安くなっているため債務超過になります。そのために手付金の取扱は仲介業者が十分に注意しなければ大変のことになります。

そんなこんなで競売物件も任意売却物件も今では魅力が無くなりましたね。

まぁ、しばらくはそのままにしておきましよう。普通のマーケットまで掻き回されたら本当に不動産バブルの再燃なんかになったら色々と面倒だし価格の乱高下なんて僕らも望んでいるわけじゃないんですよね。

不動産を趣味で投資したり転がしたりしている素人さんって結構、厄介なんですよね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村