記事一覧

リフォームとリノベーションの違いとは?

最近、猫も杓子もインターネットを見るとリノベーションという言葉が踊っていますよね。

流行っています。正直、仲介業者に行って話をしても中古住宅を扱っている業者も根こそぎリノベーションと言う言葉を使っている人がいますが、同じ業界人でも今さら聞けない状況で、知らない人も実は多いような気がします。

スケルトン


正直、リノベーションとリフォームの考え方の違いは・・・

リフォーム⇒もともとのマンションの間取りをもとに綺麗に復元する。新築時のように元通りにする綺麗にする事です。

リノベーション⇒再構築する。マンションであれば躯体を除きすべてを撤去してスケルトンの状態から新しいものを想像し全くの
          新しいものを作り出すこと。 

これによると明らかなんですが、リノベーションの方が完全に新しいものが出来ますし費用も断然高いものになります。

正直言って下手な建売住宅より高い建築費用が必要になる可能性もあるんですよね。

本当にリノベーションのマンションを安く購入しようと思ったら自分で安いマンションを購入して作ろうと思ったら挫折することになると思います。

買取業者がリノベーション済みとして売っているマンションでも、実際にすべてスケルトンにして売っているマンションって少ないと思います。リフォームとリノベーションの中間のようなものが多いような気がします。

じゃ、なぜリノベーションは高くなるのか?それは、マンジョンの吸気と排気の再構築とガス・水道管の配管の交換といった見えないところの工事に一番お金がかかってしまいます。だから、以前、お風呂や台所があった場所をぜんぜん違う場所に移設しようと思えば、いくら費用が高くなってしまうのか?ってことなんです。

ですから、僕らはマンションを見に行った時は水回りの場所や吸気や排気の場所は気にしてチェックして、工事したときには大きな配置交換をしないで暮らす人の動線を考えながら、工事できるような物件を仕入れるようにしているんですよね。

本気のリノベーションをやろうと考えると、もしかしたら新築のマンションが買えるようになるかもしれません。まぁ、夢のなくなるような現実の話ですが、これは本当の話なんです。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村