記事一覧

土地も夫婦喧嘩も【雨降って地固まる】

【雨降って地固まる】ってよく聞くでしょ?最近の雨の降り方は異常ではありますが、ゲリラ豪雨のような雨って災害にも繋がりそうで嫌ですよね。

まとまって雨が降り続くと地盤が緩み災害に繋がります。特にその土地が切土や盛り土のように造成されているような土地であれば雨が振り続けることで地盤が緩んで雪崩のように流れる可能性があります。

特に最近の異常気象は、今までに経験のないような長雨や集中豪雨というので日本全国様々なところでニュースになっています。雨で家が流されるなんて今までなかったことですよね。この地球に温暖化ということが原因なんですかね??

さて、【雨降って地固まる】って話に戻りますが、家を建てる時に地盤調査をして軟弱地盤かどうか?って調査します。そして家を建てるには地盤が弱いといったケースだと土にコンクリートを混ぜ合わせたりしながら地盤を強くします。

今まで古家が建っていてたものを建て壊し更地にした直ぐなどの土地や新たに開発行為等で宅地などを作ったケースなどは地盤調査などした時は軟弱と判断されるケースが多いようです。

こんな更地が時間をかけて雨が降り晴れた時に土地が乾くという自然な時を繰り返し土地が閉まってくるんですよね。こんな土地は本当に地盤はかなり固く固まっているようです。

まさしく【雨降って地固まる】ですよね。一般的に揉め事のあとは良い結果や安定した状態を保てるといったことのたとえとして使われることですよね。
夫婦喧嘩


夫婦喧嘩などもそうですね。別々の生活をしていて結婚後、一緒に暮らしてみるとお互いの生活が違いすぎて許せないことから夫婦喧嘩に発展してこれから続く夫婦生活のスタンダードを守るための戦いってことでしようか。

だから、夫婦喧嘩の原因を聞くと「つまらない事で喧嘩になった!」って言うでしょ。これが生理的に許せなければ離婚ということになるでしょうが、突き詰めて夫婦で話し合うことで譲り合って行くことで夫婦間の絆が深まってくるのでしょう。

地盤が固まる現象ににていますよね。だから夫婦喧嘩のあとによく【雨降って地固まる】って使われるんでしょうね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村