記事一覧

不動産に掘り出し物件は存在するのか?

物件を見に行った時、あなたが気になったことは、売る時にあなたの家を見に来た人も
同じことを感じるんだ!

嫌だなぁ・・・って思うことも、ここが気に入った!って事もいい事も悪いことも
同じように感じるんですよね。

annai

不動産に掘り出し物なんてないんです。

相場より安い理由がそこには必ずあります。その理由が妥協できるか妥協できないかで
結果が変わってくるといえます。

物件が凄く良くって決定的なワケがないのに、なぜか安いっていうのは売主を
疑う必要がありますよね。

売主の気持ちになってみると分かります。

知り合いでもないあなたに、安く売る理由がないからです。1円でも高く売れたほうがいいですよね。もう、「お金はいらない!!」
なんて大富豪でも知り合いでもないあなたに安く売る理由がないからです。

家を買うにも売るにも動機が必ずあります。
だから、安いのにも調べれば調べるほど必ずあるものです。最近では、自殺や殺人事件の現場となった場所や火事になった
場所は【心理的瑕疵】のような物件の場合は安くなるものです。

最近では昔と違ってどんな不動産会社も教えてくれます。
そんな心理的瑕疵が気にならない人には、掘り出し物件になるかもしれませんね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村