記事一覧

【住みたい街】VS【暮らしやすい街】

毎日、不動産を見に行き、毎日、新しい街に行って歩いてみている僕が感じることがあるんです。

よく、雑誌などに出ている、住みたい街って必ずしも暮らしやすい街って限らないと感じるんです。また、暮らしやすい街が住みたい街に選ばれていることも少ないような気がします。

毎日毎日、パーティするような生活は出来ません。僕らは足を地にしっかりつけて人生を歩んでいかなければいけません。食事も毎日、出前や素敵なレストランでドレスアップして生活するわけには行きませんよね。

nikotamajpg.jpg


いつも【住みたい街】で取り上げられる吉祥寺や二子玉川って街が大好きです。でも、この街は暮らしやすのでしようか?家を買うのも借りるのもコストもたくさんのお金が必要です。昨日、暑い日に二子玉川の駅に降りてショッピングモールを歩いていたのですが、喉が乾いて水を買おうと探したのですがなかなか自販機を探せませんでした。

熱くて木陰で休みたいのに、喫茶店など店に入らないと休む場所がないためrエレベーターホールに腰掛けて休んでいました。もう少し街を知っていればどこかあるのでしようが、初めて訪れる人には僕のようにうんざりするのでしょうね。

きっと、ショッピングモールを計画・立案した人が人の動線を考え作ったのでしょうが、週に一度か月に一度、家族とたまに遊びに来れば十分だと思いました。

また、吉祥寺に住んでいる友達と待ち合わせて飲みに行ったとき、国分寺から待ち合わせ場所に行ったのですが、吉祥寺に住んでいても徒歩20分のところに住んでいては電車で10分や15分の場所とかわりませんね。

忙しい朝に駅まで短時間で行けて、仕事帰りに夕食の買い物ができるスーパーがあり、自転車のタイヤに空気を入れてくれる自転車やがあり、ちょっと風邪気味のときに行ける街医者がある。毎日の生活に必要な店がある方が暮らしやすいですよね。素敵なカフェがどれだけあっても毎日には必要ではないですよね。

僕が最強にほしい不動産は、一週間に一度ぐらい行ければいい大好きな【住みたい街に】2~3駅で行ける昔ながらの商店街やスーパーがある【暮らしやすい街】に住むのが最強の自分にとっての一等地であり終の棲家ってやつじゃないかって思うんですよね。

確かに【住みたい街】は憧れます。でも、自分を背伸びしてまで住みたい街に家を購入しても数年住んでいるうちに疲れ果てて嫌いな街になってしまうかもしれませんね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村