記事一覧

分譲マンションで民泊は出来るのか?

日本で民泊事業というのは根付くのだろうか?

色んな所に行くと不動産の仕事をしていると聞くと「民泊を始めようと思っている!」って副業として考えている人も多いようですよね。僕自身が民泊には興味ないのでそんな質問を受けた時に「どうなんですかね?」なんて言っていますが、そもそも民泊って一戸建てやマンションなどの一部又は全部を短期的に旅行者などに対して宿泊をサービスするというビジネスモデルですが、インターネットで全世界的に急速に展開し拡大しているようです。

最近では訪日外国人も急増しているために急激に増えているのも事実です。地方では少子高齢化と過疎化が広がるエリアが多いために民泊に期待している自治体もあるようです。

ただ、この民泊は顧客によりカルチャーの違いや遊びに来ているとうテンションも高いために真夜中に騒いだりするために近所や共同住宅やマンションなどで騒音トラブルなどでモメることもかなり多いようです。

また、日本では旅館業法の許可が必要なようで無許可で行われている民泊が多いようです。そこで急速に増える訪日外国人と来るオリンピックなどのイベントなどで訪日客をカバーするためにも法整備も必要と言うこともあり平成29年6月に住宅民泊事業法が成立し日本で民泊事業を行う場合は、平成30年6月以降については下記内容を守る必要がある。

1.旅館業法を守る必要がある。
2.国家戦略特区法(平成25年法律第107号)(特区民泊)の認定を得る
3.住宅宿泊事業法の届け出を行う。

などの選択をする必要があるようです。

民泊

まぁ、色々と面倒なので副業として簡単に始めようと人も少なくなるだろうしいいことだと思う。最近は、各分譲マンション内での理事会などで民泊をする人を認めるのか?という議題でよく話し合われていて管理規約の中の使用細則に盛り込まれるケースが多いようですが、ほとんどが民泊を禁止する傾向が多いようです。

理由には、マンションの内外で真夜中までお酒を飲んで大騒ぎする。また、それを注意した住民との間でトラブルになると言うことが主なようです。

これから分譲マンションを買ったり借りたりして、安易に民泊事業を繰り広げて一儲けなんて考えている人は、キチンと調査して始めることをおすすめしますよ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村