記事一覧

理想の不動産を購入する方法とは?

この不動産業界に身を投じて早くも30年を越えますが、インターネットが普及する前のアナログの時代でも不動産は高かったんですよね。

あなたは、不動産業者に行って欲しい物件の状況と予算を話してもピッタリの物件なんてないものです。
「私は不動産を探し始めて2年たち、数百、数千件も物件を見ました!」なんてもう、評論家レベルのエンドユーザもザラにいます。

まぁ、僕から言わせれば「この馬鹿、早く気がつけよ!!」ってな感じなんですが気が付かず、待っていれば掘り出し物件が出てくるとでも思っているのかもしれませんね。

言っておきますが不動産に掘り出し物件なんてありません!!

考えても見て下さい。自分の資産を売却するのに会ったこともない知らない人に誰が安く売ります?不動産業者で働いている営業マンも同じです。

「俺は不動産屋なんだから安い掘り出し物件を探せるって勘違いしているんですね。だから、不動産業者は賃貸で暮している営業マンが多いんです。

不動産業者のいいところは、ユーザーより早く情報を得る事が出来るというメリットだけなんです。

では、購入している人はどんな人だろうか?気に入ったから買ったんでは?
そう、最初の希望とは違うだろうが、考え方を変えたら見つかったというのが現実ではないでしょうか?

中央線で探していたが予算内では探せなかったのが、京王線に目を移したら希望通りの物件が探せた!!最初の希望とは違うが、その問題は解決できる問題なんですよね。

吉祥寺で住みたいからずっと探していたが、予算が合わなかったけれど、武蔵境に行ったら見つかったとかね。

「あなたの本命物件は3駅向う側にある!」ってよく言われますが、これは30年前から変わりません。よく結婚にたとえられる事もありますが、「私の理想のタイプは身長が180センチ以上でスラッとしていて、収入は最低800万、わがままを言えば1000千万あれば文句はない!あとは、優しければ顔なんて・・・芸能人で言えば・・・・」

そんな人をを探し続けていれば婚期を失いますよね。家も結婚相手も同じなんですよね。
ある意味、諦めも必要なんです。というか、背伸びしていては幸せになりません。

kaneme.jpg

僕らは毎日、安い不動産を探して奔走しています。まともな物件で安い物件じゃないですよね。問題がある物件を安く購入して相場の価格にて売却する。相場の中かに送り出すのが仕事なんです。

毎日、毎日、「高いなぁ・・・・」なんて言いながら探しているんです。毎月100件以上の物件を吟味しますが帰るのは1件購入できればいいほうです。

プロの我々も簡単には買えないんです。だから、僕らのアドバイスとしては自分の希望の家を相場で購入できればいい買い物だと思ってもいいのでは?

誰も妥協しろとは言ってません。理想の暮らしをする為に不動産を色んな角度で検討してみては?ということなんです。

頑なに自分の理想を変えないで、自分の夢に見た理想の物件を追い求めている間は買えません。っていうか、本気じゃないんでしようね。本気で切羽詰まったら、自然と探せるものです。探せると言うか自分の考えを変えることが出来ると言うかで探せるようになってきます。

それでも、自分の理想の物件を買う方法はないかと聞かれれば、1つだけあります。その方法は「金に糸目を付けない!」いくらでも出せるというのであれば購入できるかもしれませんね。

まぁ、家を購入する方法では最悪の方法とも言いますが・・・
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村