記事一覧

不動産にまつわる様々な【価格】を知ると見えてくるものとは?

不動産にはいろいろな価格がある。毎年、毎年、日本で一番高いとされる銀座の一等地が1㎡でいくら?ってニュースで報じられたりするのが【路線価】で、発表されたりしますよね。税金を計算したりする基となる【固定資産税評価額】というのもあります。

また、実際に売買された価格を【地価】や【実勢価格】という呼び方をします。そして、実際に売買される時の目安として使われるものを【地価公示価格】や【基準地価】を用いて取引の目安で使われたりします。

このように不動産には、これ以外に様々な価格があります。今日は、その価格について一通り簡単に説明しますね。

tikamap.jpg

【地価公示価格】
一般に土地取引の指標として毎年1月1日の時点での価格をその年の3月に国土交通省より発表がある価格のことです。実際は3ヶ月から半年ぐらいのタイムラグがありますが、1月1日段階の価格ですからその時からどれ位上がっているか下がっているか?を見ながら使用したほうがいいですね。

【基準地価】
一般の土地の取引価格の指標が、毎年7月1日時点の価格が、9月頃に各都道府県より発表があります。発表される時期と行政機関が違う事で地価公示価格と混同しないようにした方がいいですが、地価公示価格と合わせて参考するといいかもしれません。

【路線価格】
評価する土地に接した道路に付けられた価格になります。この路線価はかなり重要な価格で相続税や贈与税の計算の前提の土地の評価を決める価格になります。一般的には、この路線価は地価公示価格の80%ぐらいになるように調整されていると言われています。

【固定資産税評価額】
この固定資産税評価額は・固定資産税・都市計画税・不動産取得税・登録免許税(所有権移転登記時)の計算をする時のもとになる基準になる価格です。3年に一度評価額は見直されていますが、おおむね。公示価格の70%の水準になっているとも言われています。

まぁ、不動産業に携わることがなければさほど、気にしなくてもいいものかもしれませんが、ただ、自分の家を購入する時や売却する時に地価公示価格や基準地価を調べることで、高く売りつけられているのではないか?とか売却する時に安く叩き売られているのではないか?なんてことが漠然と分かることが出来るはずですよね。

僕らもこの【路線価】については常々、仕入れる場合は気にして毎回確認しています。

路線価の1.2倍~1.3倍が地価公示価格や基準地価の価格にされているということは、いくらで仕入れたらいくらぐらいの利益が出るのかを見て買取交渉をしていくのです。

不動産には様々な価格があります。上記以外にも色々ありますが、これぐらいを頭に入れていると問題ないかと思います。

不動産には様々な価格がありますが、それぞれ用途に分けて価格を注視することで不安が見えないものが見えてくることがありますよね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村