記事一覧

なぜ、東京の部屋は小さいのか?

九州から部屋を探しに来て、不動産会社に行き部屋を見せてもらった時に驚いたことを思い出します。

なぜ、東京の部屋の広さは同じ6畳でも小さく感じるのか?

実は、京間(本間)や江戸間・中京間と呼ばれる畳の大きさにより変わってきます。まず、京間(本間)のサイズは1間を6尺3寸(1.9089メートル)の畳割で作られています。現在は、京都を中心に近畿・中国・四国・九州と言った場所で利用されているサイズになります。

和室

じゃ、東京でよく使われている【江戸間】とよばれるサイズは、1間を6尺(1.8181メートル)の柱割りで作られています。柱割りとか畳割りというのは、まず、柱を立ててそこに畳を敷いていく方法で部屋割りしていく方法と、畳割りは、寸法の畳をししてその周りに柱を立てて建築していく手法のことです。

柱割りの場合、柱を立ててその柱の中心えお基準にするために、柱の太さの分だけ押しやられるため畳のサイズが小さくなります。

1間の寸法の違いは、京間の基準となった1間の長さは、当時の将軍、豊臣秀吉がその辺に落ちていた竹を拾い、この竹の長さを1間として各大名の田畑を計り、年貢を納めさせるために計らせた太閤検地というのが有名です。

では、江戸の1間は、京都の豊臣秀吉の時の1間と違い、短いのは単純な話で1間の長さを小さくすることでたくさんの年貢を徴収できるから1間の長さを変更して出来たと言われています。まぁ、徳川家康時代に、増税した時の名残で江戸間と京間、その間に中京間があります。

織田信長の時代は1間を6尺5寸、豊臣秀吉は6尺3寸、徳川家康は6尺を一間としたことが現在の1間6尺として定められていますし、家を作る場合、尺間法で家も家具も家電も日本のメーカーが日本で販売している商品は基準で作られています。

部屋広さなども、一つ一つ、背景を考えてみると歴史と様々な事情があったことがよくわかりますよね。

だから、九州から引っ越して来て、持ってきたカーペットを東京の部屋に敷くと余ってしまうかもしれませんし、その逆で東京から京都より西側に引っ越したら寸足らずになる可能性もあります。

畳の大きいサイズから順に書くと

京間→中京間→江戸間→団地間の大きさになってます。

高度成長時代、団塊の世代の作られたニュータウンに作られた団地などはこの団地間サイズで作られていますからかなり狭いものになってました。

同じ畳でも、江戸間と団地間の比較でも、1辺の長さで176センチと170センチで6センチも違ってきます。これを部屋に敷き詰めていくと同じ6畳や8畳でもかなり狭いと感じてくるものです。

最近では、建売などでは関西・九州方面でも江戸間が使われているといいます。お金持ちは、京間サイズで設計し、作ることも可能かもしれませんが、少しずつ少なくなっていくのかもしれませんね。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村