記事一覧

インターネットの普及で不動産業界も激変!

インターネットの普及で、様々な業界が一変しています。デパートが売る上げが下がり、本屋などが潰れ、CDショップも少なくなってます。

他にも様々な業界が悲鳴を上げているのは事実です。

最近、発表された今後何年かで無くなる業種って言うのも興味深い話です。

このインターネットの勢いと流れは止められません。というか、この流れに乗って、僕らも進化していかなけれは淘汰されてしまうのでしょう。

家探し

さて、こんな世の中の中で不動産業界も激変しています。インターネットの普及で、新聞を取っている世帯が減った為に、新聞折り込み広告の数が減り、不動産もインターネット広告が主流になって来ました。

それにより、膨大な不動産情報が垂れ流され、家がほしいという人が選択肢も増えた反面、何がいいのか?悪いのか?分からなくなって実際に動けなくなっている状況もあるようです。

家がほしいと思ったらインターネットを開けば、わざわざ休みの日を潰してまで不動産屋さんに行かなくても、真夜中でも探そうと思えば探せます。しかも、同じ物件が複数の業者が紹介していますので、安心して契約ができそうな大手不動産会社を選べば契約もできますし、購入時の諸経費を抑えようと思えば、中小の不動産業者は、苦し紛れに手数料を半額から無料と行った無茶なサービスを繰り広げています。

こんな状況で地元の小さな不動産屋さんは持ちません。

また、こんな状況の中で、最近の傾向ではインターネットにあえて登録せずに、未公開の情報を自社の顧客と現地販売のみで、情報をオープンにしないで売却することで、無茶なインターネットの競争による値下げをさせないようにしている業者がいます。

媒介を取得した段階でネットに公開しなければ宅建業法上の問題が出てきます。業者が持っている物件でも一般の人が売主でもわざと、媒介を取得せず販売活動をする中小の業者もいるほどです。

一般ユーザーが情報を選択し、業者を選別できるように、手数料を払いたくないと道理もない行動をする一般ユーザーも増えているので、業者も最近では本当に魅力のある物件ほど売却する顧客を選別しはじめたということなのでしょう。

これは、婚活にも似ていますが昭和時代よりもはるかに出会いの方法も手段も格段に増えています。
それなのに出合いがないと嘆く人がいます。

昭和の時代は、出会う機会も少ないために、様々なところで勇気を持って声をかけたり、きっかけを作ったりして出会いを作っていたものです。それが、今ではメールアドレスを登録さえすれば、すぐに出会いの場があります。

大切な部分を飛ばして、インターネットに書かれているプロフィールの写真と年収や身長・体重のデータだけを見て会う会わないと決めて会ってもなかなか上手く行かないものですよね。

不動産探しも同じなんです。

不動産でも婚活でも、貴重な情報は必ず、人を介してでしか入ってきません。お世話をしたい人が不動産も婚活もいるのですが、もちろん、そのお世話する人も喜んでもらえてお金になるのであれば・・・と言うことが前提で、情報が動いてきます。

情報はお金になります。

逆に、お金をかけないでいい情報を得ようと考えている人は、気が付いていないのかもしれませんが、お金にもならないようなガラクタな情報しか得ることは出来ません。

インターネットで情報を得ることを否定しているわけではありませんがインターネットは、あくまでも金山で金を探す時に利用するショベルやスコップのようなもので、汗を流して金を探すのはあなたなんです。

そして、どこを掘れば金脈に当たるのか?様々な情報を金を掘るプロに助言を求めて行く必要があるのです。
そうしなければ、絶対に何年かけてもうまくいくはずがありません。

同じようにバイヤーをやっている奴らでも、インターネットだけに頼って探している人がいますが、もう、こんな奴は運良くたまに当たることもありますが、長続きはしません。

不動産情報も婚活情報も【情報】という代物は厄介です。色もなければ形もない、臭いもなければ重さや気配すらない。
でも、その情報を処理でき加工できればお金に代えたり幸せを感じたりすることが出来るのです。

情報はお金になります。その情報は形にないものだからとを無料で手にしようなんて考えないほうがいいです。
無料ほど高く付くものなんです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村