記事一覧

スキップフロアのマンション購入の注意点とは?

よく、スキップフロアのマンションの購入を検討している人から相談を受けることがあるんですが、注意点をお話しますね。

まず、なぜ、エレベーターが停止する階と停止しない階があるスキップフロアのあるマンションが作られるのか?というところから話をしないと、このようなマンションは語れませんよね。

まず、エレベーター停止階にはエレベーターホールから各部屋につながる廊下から部屋に行く形に作られています。では、停止しない階はというと、エレベーターホールもなければ廊下も最小限に作られています。

スキップ

その為に、部屋を広く作られたり、通常廊下部分がギリギリまで部屋が作られバルコニーが作られているものです。だから、エレベーター停止階より風通しのいい部屋ができたり、部屋の前に廊下がないので人通りを気にすることもないので、勉強部屋や書斎といった部屋には最適な部屋が作れますよね。

エレベーターが使えて便利なマンションがいいのか?エレベーターが無い階であっても、プライバシーを重視し一戸建てに近い感覚のマンションがいいのか?個人的な意見は賛否両論ではあるのですが、僕らがマンションを売る時はスキップフロアーでエレベーターが停止しない部屋は、売るのにちょっと苦労するものです。

ただ、実際に購入した人に話を聞いたりすると上階に停止して1フロアだけ階段で降りるだけで使いやすい部屋があるのであればエレベーター停止階じゃなくても良かった!って言うう人も多いようです。

エレベーター停止階のスキップフロア作りのマンションは1階おきにエレベーターが停止するマンションや奇数階しか止まらない部屋とか、偶数階しか止まらないマンションとかもあります。

僕、個人的にはどちらでもいいとjは思いますが、いざ、売るときのことを考えればエレベーター停止階が売りやすいのは確かです。

暮してみると、重たい荷物を運んだりする時にエレベーターを降りてそれから階段を登り降りするのは大変だという人も多いですが、自分の部屋の前を人が歩いたり話し声が聞こえたりと気になるという人が多いのも事実です。

受験勉強をやっている学生の部屋や家に仕事を持ち帰ったりして仕事をする人には、エレベーターの停止階でなく居住空間になっている方が快適という人が多いのも事実です。

また、訪問販売や宗教の勧誘なども手軽に来れないというメリットもあります。

まぁ、気合の入った営業マンなどは、エレベーターに関係なく訪問してきますが、エレベーターが停止しない階には、手軽には来れないので少しは安心です。

結論から言うなら、商品としてならエレベーター停止階がいいようですが、暮らすのであればエレベーター停止階じゃなくてもいいのではないか?という感じですよね。

しかも、エレベーターが止まらないと、値段を少し値下げしてくれる可能性もありますから、お得感はありますよね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村