記事一覧

下がり相場の先行売り、上がり相場の先行買い!

【下がり相場の先行売り、上がり相場の先行買い】この言葉は、不動産の買い替えをするときの金言なんです。

今、住んでいる家を売らなきゃ、次の家か買えない!でも、安くでは売りたくない!

一円でも高く売りだいって気持ちは普通です。でも、相場全体を見渡して今、上がり相場か、下がり相場かで判断は変わって来るものですから、少しでも高く売り、少しでも安く買うって気持ちで動くと、買い替えは失敗する可能性が出てくるものです。

自分の家が想像以上に高く売れたって時は、引き渡し後に購入する家を探すことになるので、相場がそのまま上がってると考えると、高く買うことになりますよね。

だからこそ、上がり相場の時は先に買って、引っ越し後にゆっくり売ると安く買えて高く売ったって事になるわけです。




ただ、現在、住宅ローンか残っている状態で先に買う事か事実上、無理の場合は先に売らなけれはどうすることも出来ない為、その際は、下がり相場の時は、相場の後追いするのではなく、早めに売り、上がり相場の場合は、少し高めでゆっくり構えて売ってもいいと思っていいでしょう!

自分の所有する不動産は特に一度でも住んでいた場所ほど、お金変えられないほどの思い入れかるために、価格も思い入れが反映されがちですが、残念ながら、思い出は査定価格には反映されません!

不動産の買い替えは、プロでも簡単に売り買いは難しく、慎重にしかも綿密に行動しなけれは後々、後悔する事につながりますよ!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村