記事一覧

離婚したいと思った時の不動産を売る場合の方法とは?

一度は、愛した相手なのに、何が悪いって訳じゃないのに、日々、嫌な想いが積もり積もって一緒の空気すら吸いたくないぐらい嫌になるケースってあるんですよね!

離婚を否定するわけでも勧める訳でもないですが、離婚って結婚してから積み重ねた日々が多ければ多いほど、問題も多いしエネルギーを使うものなんですよね(笑)

rikon.jpg

最初にも話しましたが、一度は愛した相手との愛の巣ですので遺恨を残す事がないよう気をつけたいものです。

そこで今日は、【ちょっとでも、離婚したいと思ったら、先ずは確認したい3つのポイント!】

まぁ、準備と言うか、心構え程度ですが、最低限のお話ししますね(笑)

二人でこれまでに築き上げた資産ですから、資産も借金も財産分与しなきゃいけませんよね。
そこで、

◆ポイント1
今、暮らしている家の住宅ローンはどれだけ残っているか?まずは、借りた銀行の支店に連絡すれば教えてもらえるので確認してください。

売却後、住宅ローンを完済して諸経費を支払って残ったお金を協議して分けたら、晴れて終わりです。もし、売却後に借金の方が多く残った場合、手持ちの預金で返済出来ない場合、今後、どのようにして返済していくのか?話し合いが必要ですが、離婚後どちらが住んでいくのか?によっても変わってきます。

借金か多い時の処理方法は、今日は話しませんが、ここに絞って次回お話ししますね!

◆ポイント2

不動産会社に家がいくらで売れるか?確実な金額を確認する!

これは、不動産会社に査定依頼をすると無料でいくらぐらいで売れるのか?を査定してもらえます。お金はかかりません。ただし、不動産仲介会社が購入する訳じゃないので、いくらで買い取れるのか?確実に買い取ってくれる金額を算出してもらうのがいいでしょう。

もちろん、不動産の買い取り会社は、時間をかけずに誰にも知られることなく現金化することが可能ですが、少しでも時間がかかってもいいのであれば、仲介会社に依頼してエンドユーザーを探してもらうことで高く売る事も可能です。

そして、売却した場合、諸経費や税金の計算をしてもらい、銀行に住宅ローンを払って手元にいくら残るか?の計算をしてから話し合いをすることが必要ですよね。

◆ポイント3

住宅ローンが売却した時に返済できない場合のケースを考える。

賃貸に出して貸すのか?ご主人が出て、奥さんが家に暮し住宅ローンを誰が支払って行くのか?様々なパターンが考えられますが、不動産の資産と現金資産や株などの証券などの資産の分割資産はモメるケースが多いので弁護士などの第三者を交えて交渉して双方が納得行く形で精算しましよう!!

まとめとして・・・・

離婚は結婚するよりエネルギーを使います。上記の作業は2人でやる最後の共同作業になるかもしれません。
上記の作業をすることで今まで歩いてきた道のりをもう一度考えてみるのもいいかもしれません。そして、争うのではなくもう一度話し合いを持つことをオススメします。

結婚する時、2人で神父さんの前で、友人や親族の前で誓いあったのを思い出して欲しいと思います。

その上で、やっぱり離婚したいと思えば、上記作業をサクッとやっちゃいましょう!!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村