記事一覧

不動産価格暴落に備えよ!!

不動産の価格上昇が続いているが、大丈夫なのだろうか?僕はバブルの崩壊やリーマンショックのときの不動産価格の暴落を経験してきたが、その時の状況に最近の不動産市況が見ていると似ているような気がしている。

マンション投資とかサラリーマン大家などと言って盛り上がっているようだが自分がコントロール出来ないぐらいに金融機関から借り入れしている人は注意する必要があるのではないか?
baburu.jpg

銀行筋に聞くと不動産融資額がバブル期を大きく上回っていることやエンドユーザー価格以上に業者の買取価格が場所によって上回ってきていることが懸念される。

実際、一部金融機関(大手銀行)では不動産投資に関しての融資を絞るということをメデイアに対して発表したこともある。

一般ユーザーであるサラリーマンの平均年収が上がっていないのに不動産価格が上がっている事や銀行のフリーローンで焦げ付いてきている人が増えていることも気になる。

バブルの崩壊は、不動産投資に対しての融資を絞るのではなく、当時は不動産業者に対して融資を総量規制したことをきっかけに暴落した。現在よりもう一歩進んだ形だが十分に気をつけたほうがいい。

バブル崩壊時も多くの一般のサラリーマンの不動産投資家が自己破産してすべてを失った。不動産屋に騙されたって騒いだものだが、借り入れしたのは儲け急いで返済可能以上の借り入れをしたのが原因の一つだと思う。

もう少し時間があると思うから、一度資産を整理したり、暴落したらどうなるのか?を考えて準備することも必要だろう。
無理な借り入れして購入するのを控え、売れるものは現金化して借り入れを整理する事も必要だろう。

ちなみに、本音を言えば僕は暴落してしまった後の不動産を品定めして買い叩ける最高に時代が来ることを待ちわびているんですがね。

僕のクライアントは今はハワイでゆっくり遊んでいる。崩壊することを待っているのだ。値上がりしすぎたものは必ず下がるものです。下がりきったところで動けるように準備することも必要かもしれませんね。

まぁ、僕の心配が的中しないことを祈りますが、最近の不動産価格は不穏な動きが気になります。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村