記事一覧

リノベーションとリフォームの違いとは?

不動産会社とかリフォーム会社のホームページなどを覗いていると、リノベーションとリフォームをごっちゃ混ぜに使っている業者が多いようだ。というか、解ってないどうでもいいっていう業界人も多いのがわかる。

そこで、今日はリノベーションとリフォームの違いと定義を話しておきたいと思います。

まず、リノベーションとはマンションや一戸建ての躯体を除き他の設備等を全部取り除き、新たな空間を想像し造作すると言うのがリノベーションです。分譲時の形を取り除きゼロ空間にして作り上げることをいいます。ですから、水回りなども配管からやり直すためにどこに設置することも可能になります。

スケルトン


リフォームとは違い、費用もリフォーム以上に必要になりますが、全くのオーダーメードの空間を作ることが可能になります。

それに比べてリフォームになると設備の位置や配管はそのままに設備は新しくしたりしますが、和室を洋間に変更するなどの変更はありますが、元々の間取り等をベースに表面的に壁紙を張り替えたり、畳の表替えをしたり建具の交換をしたりして綺麗に化粧することを言います。

費用は一概には言えませんが、リフォーム費用の2倍近くはリノベーションは必要になると考えたほうがいいかもしれません。工期も2倍近くかかります。

満足度はリノベーションのほうがやはり高いといえます。全てにおいて自由に設計し造作することが可能だからです。
高いお金が必要なため中古マンションを購入してリノベーションをするにしても、築年数が新しいとマンション自体が高いため比較的に管理のいい築年数が古く広めのマンションを購入してスケルトンからやる人が増えてます。

リフォーム

リフォームにおいては配管や水回り(キッチン・お風呂・トイレ)などの位置は変更せずに設備だけ新しく交換して、間取りも一部を除き変更せずに綺麗にしていくと行ったものが一般的にはリフォームです。

リフォームと言っても全部リフォームするとそれなりに費用は必要です。

あなたがどのように生活していきたいか?によってどちらを選択するか考えて行って下さい。
最近ではDIY等がはやっているため、簡単な壁紙の張替えやフローリングの張り替えを自分でデキる人も増えています。
新しいマンションではもったいなくて出来ないものも、中古マンションであれば躊躇なく出来るかもしれませんね。

いかがですか?リフォームとリノベーションの違いというか定義はこのようなものと思ってもらうと物件を見る目も変わると思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村