記事一覧

マンションを買う時に管理費と修繕積立金に注意する!

マンションを買う時に注意したいのが、売買金額以外にかかるランニングコストです。要は住宅ローン以外に毎月かかる費用を注意する必要があるんですよね。

とにかく、電気・ガス・水道・通信料などは毎月毎月必要になるのですが、それと同じように必ず係るランニングコストとして考える必要があるってことなんですよね。管理費と修繕積立金を合わせて3万円と言うと、住宅ローンを1000万円余分に借り入れしたものと同じ価格になるわけなんです。

東京や横浜などは車を持っていると車の維持費で駐車場代金とガソリン代や税金・保険の費用を考えて購入するのと同じってわけですよね。

コンシェルジュ


こんなはずじゃ無かった!!なんて事になるのが、生活の中で見えてこない金額に注意すべきなんですよね。
分譲マンションになれば、エレベーターは無料で動いているわけじゃありません。年間のうちに何度かメンテナンスするために毎月の管理費等で行っていますし、マンションの全世帯で出しているゴミ出しの日など管理人さんが整理したり共用部分を清掃したりしているのは無料でやっているわけじゃないんです。

最近、タワーマンションや億ションなどでコンシェルジュって言われる管理人がいたり、様々なサービスをしてくれるのはいいけど高くなるんですよね。

住宅ローンを借りる時に、管理費や修繕積立金は年収に対して返済率は入れないで住宅ローンを貸してもらえるので借入可能額までギリギリっまで借りる人がいます。そこが盲点になるんですよね。

賃貸の時の家賃より住宅ローンの支払いが安いのに生活が苦しくなるって事がザラにあるんですよね。
支払いの全部と収入のバランスを考えて購入してくださいね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村