記事一覧

中古マンション探しの時に見落としてはいけない販売図面のチェックポイント(前回続き)

中古マンション探しの時に見落としてはいけない販売図面のチェックポイント(前回続き)

前回お話ししたマンションを探している時に見る販売図面のチェックポイントをお話ししましたが、その販売図面を見るときの見落としてはいけないポイントを書きましたが、もう一つに、絶対に見落としてはいけないポイントをお話ししますね。

前回も少し触れましたが、管理費と修繕積立金の合計額について注意が必要です。

どれだけ管理がしっかり管理されているか分かりませんが、都心の高級マンションでない限り、ある程度の合計金額で抑える必要があります。

抑えるって言っても、管理費と修繕積立金を交渉してもまけてもらえる訳ではないので購入す際には気を付けてくださいね。

kantsumi.jpg


特に築年数が古い場合は、現在がそんなに管理費・修繕積立金が高くなくても、購入する前に近々、管理費や修繕積立金の値上げの予定はないか?

近々、大規模修繕工事の計画はないか?もし、計画がある場合に住人が持ち出すお金はないのか?

現在検討しているマンションに対して、現在の管理費・修繕積立金額は妥当な金額なのか?

上記内容はマンションを購入する際には必ずチェックが必要です。

僕らが購入を検討する際は、管理費と修繕積立金の合計が2万円~3万円を目安にします。3万円を超え4万円・5万円となる場合は、かなりの負担となりますから本体のマンション価格を抑える必要があるという事になります。

例えば3000万円のマンションの月々の支払いが10万円の場合、管理費・修繕積立金の合計額が3万円となる場合、資金計画の負担が大きくなることになるからです。

これから新築のマンションや中古マンションを購入する場合は絶対に注意が必要なんです。

例え、あなたの収入金額が多いから3万円~5万円でもあまり気にしないという人もいるでしょうが、あなたがそのマンションに住み、数年後にでも売り出した場合、あまりにも高いと、購入する人が購入することをためらうケースが多くなります。

都心のタワーマンションで、エントランスにコンシェルジュみたいな管理人が住み込みでいるのでかなり高い管理費・修繕積立金というのもよくわかりますが、一般的には高額の管理費・積立金の高いマンションを3000万円で購入するより、月々3万円以上の場合は余計に1000万円借りているようなものですから、マンションを買うより一戸建てを買うほうがお得感が出てきますよね。

管理費・修繕積立金は買う時も売る時も注意が必要なんですよね。

売る時も管理費・修繕積立金が高いとマンションって高く売れないってことになるんですよね。

しかも管理費や修繕積立金が高い場合は、売れるまで時間がかかるケースがあることを肝に銘じて売却する必要があります。

まぁ、管理費。修繕積立金が高くても、マンション本体の価格を安く設定して販売すれば売れるとは思いますが、管理費・修繕積立金が高いことで手元に残るお金が少なくなることって残念ですよね。

だからと言って管理費や修繕積立金が異常に安く、しかも長期の修繕計画もなく共用部分も清掃などしないようなマンションでもやはり、売りにくいものです。そこそこ普通の管理をして長期の修繕計画をしていて費用も普通の価格帯のマンションがいいと思いますよ。

管理人は住み込みの24時間管理がいいですが、費用が高くなるのであれば日勤で十分ですし、生活するのも支障をきたすものでもありません。マンションの共用部分にスポーツジムがあったりラウンジがあったりするのは、活用すれば十分に元がとれるでしょうが、冷静に考えてみて、そのような施設があるだけで管理費や修繕積立金が高いというのはお勧めできません。

なぜ、こんなに管理費・修繕積立金が高いのか?理由がわからないマンションも存在します。

月々支払うものですし、これを払い続ければ住宅ローンが減っていくものでもありません。購入するときは、売却する事も考えで購入してほしいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村