記事一覧

給湯器が壊れて、ガス会社に大金をボッタクられる前に・・・

都市ガスとかプロパンガスとか、各家庭で使っているガス会社は違うと思う。

一戸建てでもマンションに住んでいても、ガスの給湯器は10年も住んでいたら壊れるものです。
実際に聞いてみると、日本の職人の技術からすると車でも家電でも10年以上壊れないものは作れる
そうなんですが、7年から10年ぐらいで壊れるように作られているそうです。

エラー

でも、ある日突然に給湯器って壊れるんです。
そして、壊れたらほとんどの人がガス会社を呼んで修理してもらうことになるのですが・・・

ガス会社の人の言うことは「この部分が壊れていて、今、この部品が古くなっているのでないんです。」
そして、「10年使っているので、寿命です。交換した方がいいですよ!」

いったいいくらかかるのですか?って見積もりを取ったら作業費も合わせて60万円とか70万円
の金額でした。驚きですよね。

後から聞いたら、東京ガスの場合は提携しているガス器具取扱店でしか取り扱えないような
システムを作っていているとのことです。これって、独占禁止法ですよね。

この見積もりに納得がいかず、知り合いのガス工事外車の社長に連絡したら、器具と工事代金
を合わせて、25万円ですみました。

そこで、閃いたんですが給湯器が壊れた時、修理して治ればガス会社に依頼してもいいと思うのですが
交換って言われたら、見積もりだけ取ってガス器具を取り扱えるリフォーム会社に相談して、価格の交渉を
すれば、給湯器の交換でもかなり安くなると思うんですよね。

ガス器具の仕入れ値がかなり安く仕入れられると思うんですよね。それに工賃を足してもかなり安く
出来るはずです。

これって知らないで●京ガスにボッタクられる人がかなりいると思うんですよね。
約50万円がお得でしたからね。

知らずに●京ガスに言われるがままに支払っていたと思うとゾッとします。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村