記事一覧

新形コロナショックで本当に不動産は値下がりするのか?

人生って生きていれば本当に様々な出来事にあいますよね。半年前には、まさかオリンピックが延期になるなんて思ってもいませんでしたね。

新型コロナ肺炎が1日1日、経過することに世界中が混乱・緊迫していく事で平和の祭典であるオリンピックが延期することが決定されるまで早かったですよね。
コロナショック

1964年に東京オリンピックが開催されてから半世紀ぶりの開催ですが、その時は生まれたばかりだったので、今回のオリンピックは本当に楽しみにしてたんですよね。チケットは全部抽選で外れて残念でしたがそれでも雰囲気だけでも楽しめる事をワクワクしてたんですよね。

さて、不動産の仕事をしていてよく耳にする事があるのですが「オリンピックが終われば不動産が値下がりするので、その時になったら家が欲しい!」という事を耳にします。

確かにインターネットでネットサーフィンしているとそんな広告などを目にしますよね。

よく目にするのは不動産一括査定の広告などは本当にひどいです。

あの広告を作っている人は全員、不動産の仕事に携わっている人はどれぐらいいるのでしょうか?不動産の売主に対して「オリンピックが終われば不動産が値下がりしますから今が売り時ですよ!」って言うセールストークですよね。

では、実際はどうでしょうか?

長年、不動産の仕事に携わり見てて現状として、少なくとも令和1年1月末までであれば、業者間が買い取り競争してきて少し値上がりしていた気はしますが、バブルの時の値上がりほどではなくジワリジワリと値上がりしていたような気がしますが、不動産業者が物件の仕入れをして、リノベーション工事をした後は結局、エンドユーザー向けに販売するのですから結果的にはユーザーが買わない限りは、売れない場合は不動産業者は値段を下げて売るしかなく、実際はここ数年間は横ばいから数パーセントぐらいの上がり気味で推移していた気がします。

正直、儲かっていたのは不動産業者というよりはリスクのない不動産仲介業者だけじゃないでしょうか?

理由としては、家を購入しようという人の収入が思うように上がっていないというのが原因という事でしょう。

さて、ここでオリンピックというより新型コロナのショックにより世界的に株価も下がり、実体経済が感染拡大を注意して経済が停滞しています。今回のコロナショックはリーマンショックの10倍以上の打撃という試算もあります。

リーマンショックの時もガツンと不動産の値段が値下がりしましたが今回もリーマンショック以上に値下がりするのでは?とも言われています。

さて、話は戻りますが「オリンピックが終われば不動産の値段が下がるのでその時を待って家を買う!」って言っていた人に対してのアドバイスですが、オリンピックが終われば値下がりするという何の根拠もなく待っていた人には、今回のコロナショックでは不動産が値下がりするのでチャンスとなるかもしれませんが、そもそも不動産が値下がりする原因を理解しておかなければ大変なことになると思います。

今回のコロナショック、は僕的にはバブル崩壊と同じぐらいの衝撃があります。全産業の実体経済がストップして不況になるという事です。世界恐慌になるかどうかの瀬戸際とも考えます。

全産業がダメになるという事は、オリンピックが終われば家を買おうと考えていたあなたの働いていた会社もダメになる可能性や収入が激減する可能性もあるという事です。

不動産の価格が下がる原因は、個人所有の不動産としては、働いている会社の倒産や解雇があり、払えると思って住宅ローンを借りていた人の生活が一変して支払えなくなり、債務返済のために家を売ることで値段が下がります。

不動産業者所有の不動産の場合は、借入して不動産を購入して建売にしたり、リノベーションして再販売しようとしていたのに、今回のように何らかの外的経済要因で売るに売れなくなり値下げしても売れず、パンクして競売などにかかってしまい金額が下がってしまうという事が起こってきます。

今後の状況を見てみなくてはいけませんが、不動産購入の時期としては数十年に一度の購入チャンスが訪れるかもしれませんが、バブル崩壊時もそうでしたが不動産価格が下がると同時に株価も下がり、会社も倒産ラッシュ・リストラの嵐で値下がりしたら家を買うと言っていた人まで買えなくなった事も起こりえるという事なんですよ。

いつも言っている事なんですが、家を買うタイミングとしては、投資目的の不動産じゃなくて自分たちが暮らす家、家族を雨風から守り、一日一日思い出を積み重ねていくという家は、買える時に買うのが買い時という事なんですよね。

今回のコロナショックのポイントは、ワクチンの開発や現在ある薬などで収束していくことで株価は反転して企業が持ちこたえることができれば、リストラや倒産もなく、不動産市況も落ち着いてくると思うのでそんなに値下がりはしないかもしれませんし、このまま半年も収束しないような状況であれば、世界恐慌という事になり本当に大変な事になると思います。

まぁ、命あってのものですからね。新型コロナに感染して重症化して命を落とすことを考えれば、今の経済対策は仕方ないという考えもありますが、力を合わせて乗り越えて行きたいものです。

日本人は昔の先人から協力・協調しあって困難や高い壁を乗り越えてきました。今そこにある危機を力を合わせて乗り越えていきましょう。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村