記事一覧

不動産業界にも忍び寄る新型コロナウィルスの脅威とは?

いよいよ新型コロナウィルスが日本国内にも深刻な状況が顕在化してきましたよね。

本日の報道では、中国にも渡航歴のない日本人が発症し亡くなられた高齢者が出たようです。
また、感染したタクシーの運転手の義理の母親だったようですよね。

そもそも、中国の旅行者が今までたくさんいたのですから潜伏期間も含め実際には日本にはかなりの人が感染しているのではないかと思います。

高齢者の免疫が下がっている人には本当に怖いウィルスですよね。

誰にでも新型コロナウィルスにかかる可能性が出てきたわけですよね。ここまで来たらパンデミック状況です。
映画のバイオハザードではありませんが、ガンガン感染者が増えてきます。

新型コロナ

さて、本題に戻りますが本日に建物のとある建材メーカーから通達があったのですが、内容としては中国における
新型コロナウィルスの感染拡大により中国の春節休暇の延長により、商品の供給遅延が想定されるとの通達がございました。

◆対象商品としては水回りで
・システムキッチン
・システムバス
・洗面化粧台
・トイレ

◆建材では
・床暖房
・内装ドア
・収納用建具
・玄関用収納

この他に太陽光商品や電気設備とうも増える予定とのことでした。

システムキッチンやシステムバスなど受注生産になっているために、現在建築中で商品を納期待ち
であったりこれから発注されるケースは問題が起こってくるかもしれませんね。

中国で作っているケースが多いため様々な業種で大変な状況になっているとは思いますが、このままでは
経済状況も大変なことになる可能性が出てきますよね。

毎日毎日、マスコミが騒いでいるので不安な毎日になると思いますが、とにかく可能な限り予防を心掛けながら
元気に生活していきたいものですね。

まぁ、毎日、満員電車で濃厚接触しているわkですから、その中に誰か感染していたとしたらOUTですよね。
でも、そんな事を考えだしたらキリがないですよね。

だから、私も極力沢山の人がいる人が集まるところにはいかない。
後は規則正しい生活を送り十分に睡眠時間を確保しながら生活することを心掛ける。
うがい・手洗いを行いアルコールなどで除菌をする。

これだけやって感染したら仕方ないですよね。

コロナウィルスって見えないものですからこれ以上注意しようがない。
そろそろ花粉症が出てくる時期でもありますし、インフルエンザもまだまだ怖い状況にあります。

本当に注意して生活して元気に春を迎えたいですよね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー

プロフィール

AI爺

Author:AI爺
不動産の仕事を初めて30年になります。不動産のことなら賃貸から売買・任意売却から競売・事故物件・収益不動産まで取り扱ってきました。現在は東京都心を中心に不動産の仕入れと販売活動中の現役バイヤーです。
日々のバイヤー活動の中で一般の素人の人達でも使えたり応用できるようなテクニックはたくさんありますので、あなたの家を購入したり売却する時に参考にしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村